一人暮らし引越しのプランについて

一人暮らしでの引越しを希望される場合、どのようなポイントでプランの組み立てればいいかお伝えしますね。

やはり急な一人暮らし赴任の辞令や春の人事配置の転勤などが、最もスケジュール的にもタイトで煩わしいのではないでしょうか。

それでも近距離の一人暮らし引越しであれば、費用はかなりやすく抑えるプランがあるんですよ。

引越しの業者によっていろいろと違いが出てきますが、数km〜20km圏内の引越しを長距離タイプの配送と分けているようですね。時間にすると4〜6時間で引越し業務が完了する算段になっています。

もちろん20km以上の引越し距離だからといって、すぐに配送費用のプランが跳ね上がるということではありませんのでご安心を。

追加距離が数km以上単位で費用はいくら追加とか、1時間以上の時間外業務に対して追加料金がいくらか発生するパターンが多いです。ちなみにスタッフはドライバー1名体勢が一般的です。

基本的に小さなお荷物や食器類などは引越し時刻から逆算して事前にご自分で箱などに梱包しておく必要がありますね。

洗濯機や冷蔵庫などの大きな家電やクローゼットやベッドなどの家具に関しては、引越し業者の方で分解・梱包してくれることが多いですね。要は大型の引越し荷物に関しては梱包・搬出してくれますし、新居での搬入・設置も配送業者におまかせできるということです。

どうしても緊急でお困りの場合は、夜間時間帯配送や小さなお荷物の梱包・開包までのおまかせプランもありますよ。

さらにもし新居が3階以上などの上層階で1名では物理的に搬入が困難と判断された場合は、助手スタッフが1名ついて費用も若干アップすることが多いですね。